「和紙の花」講師の紹介

「和紙の花」づくりにおける確かな技術力を持つ講師陣です。独自にイメージをふくらませて、オリジナルの作品を日々生み出しています。多くの人々に和紙の花のすばらしさを知っていただき喜んでいただく事が、私たちの目標です。出張講座など、ご依頼お待ちしております。

講師
浅井 伊久子

「フラワーアレンジメントと20年近く関わりいろんな方と出会い、また越前和紙に魅せられ沢山の出会いがありました。物を創り上げる愉しさも知りました。今迄の出会いに感謝し、また新しい出会いを楽しみたいと思います。


講師
平澤 小百合

兵庫県尼崎市より四年前に結婚で福井県に移住。FEJにてプリザーブドフラワーアレンジ講師資格を取得後、越前和紙の花に出会い 主に作り手として活動中。子供と関わるシーンも多いので、作る楽しさを伝えたいです。


講師
 石本 由美子

NHKの紅白歌合戦で、水森かおりさんの衣装で、和紙の花を知りました。粘土で作る「パンの花」を初めて10年。材料は違っても、より精密な花づくりを目指し、越前和紙を通して多くの方と繋がって行けたら幸せです。


講師
久保 清美

インストラクターの久保 清美です。これまで指導を受け、和紙を使った花のアレンジ制作など、伝統ある越前和紙の普及に努めています。これまで県内での和紙の花作り教室のほか、完成した作品を全国の催事場での紹介・販売にも積極的に取り組んでいます。


講師
 藤田 淳子

退職後に出会った「和紙の花」和紙の素晴らしさとの出会いはもちろん、多くの作り手との出会いは宝物です。みんなで力を合わせ、大きな仕事を成し遂げた時には、作り手の絆はより一層と深めることができました。